gallery

TOP > Gallery詳細

住宅地密集地でも光と風の入る家(木造2階建)

住宅密集地では1階や2階の中央部が光が入りづらく、日中でも照明がないと暗く生活ができません。
これを解消するために建物中央部を吹き抜け構造にし玄関上部に「トップライト」を設けることで太陽の「光」を直接届けます。

玄関部分を天井まで吹き抜けにすることにより、広い空間と光量の取り入れ、さらに建物内の空気循環の向上につながります。

リビング
通常の吐き出しサッシ上部に「窓」を設けることにより「光量」をより取り入れます。





吹抜け
玄関の吹抜けから光と風が入ってきます。
吹抜け構造をいかし、できる限り窓を設けます。

玄関
玄関上部のトップライトには光量調節のブラインドを設置しています。
また玄関ドアからも「光」が差し込むようスリット付きのドアを採用しています。

TOP | Information | Concept | Gallery | Voice | About